日本文化の教養を取り入れる事で自分磨きをより高める

日本の文化というものは、大変に良いところが多いものですが、立ち居振る舞いお作法、さらに伝統文化、美術的要素など日本には世界的に見ても、非常にマナーが優れており独特の文化を持った国なのです。ですから、この日本に生まれた女性であるからには、この日本の文化を取り入れた自分磨きをして行くことも、さらに優れた知識や教養を身につけることに繋がり、それが自分磨きにもなるのです。

例えば、書道や茶道といった習い事をしてみますと、精神統一をできるということもありますし、特に茶道などは、座り方、立ち方、歩き、襖の開け閉めの仕方など、繊細なマナーまでも知る事ができるのです。このような知識は一日にして達成できる物ではありませんし、一回身に付けた所作というものは、その後も体の知識として刻まれていくものでもあるのです。

これらの日本の文化的な教養や知識を身につけるだけでなく、文化や美術的な歴史を知っていくということも、日本の風土や歴史をより深く知ることにもなりますし、日本の文化にさらに親しむということが、自分磨きの一つでもあると私は考えます。日本の大切な伝統文化を子々孫々に伝えられる知識を持つという事も、女を磨くことであると思うのです。